コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

傾光性 けいこうせいphotonasty

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

傾光性
けいこうせい
photonasty

傾性ともいう。光に対する植物の反応の一形式であるが,屈光性のように光のくる方向に依存せず,反応の方向は植物自体によって決っているもの。花が昼に開き,夜に閉じることや,ネムノキの葉の就眠運動などが,その例。傾光性には,受光色素であるフィトクロムが関与しているとされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

けいこう‐せい〔ケイクワウ‐〕【傾光性】

光の強さの変化が刺激となって、植物の一定部分が固有の反応を示す運動。傾性の一つ。タンポポの花の開閉などにみられる。光傾性

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けいこうせい【傾光性】

光の強さの変化が刺激になって起こる植物の傾性。生長運動の場合(タンポポの花など)と膨圧運動の場合(オジギソウなど)がある。 → 傾性

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

傾光性
けいこうせい

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

傾光性の関連キーワード生長運動成長運動感覚

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android