傾光性(読み)けいこうせい(英語表記)photonasty

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

傾光性
けいこうせい
photonasty

傾性ともいう。光に対する植物の反応の一形式であるが,屈光性のように光のくる方向に依存せず,反応の方向は植物自体によって決っているもの。花が昼に開き,夜に閉じることや,ネムノキの葉の就眠運動などが,その例。傾光性には,受光色素であるフィトクロムが関与しているとされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

けいこうせい【傾光性】

光の強さの変化が刺激になって起こる植物の傾性。生長運動の場合(タンポポの花など)と膨圧運動の場合(オジギソウなど)がある。 → 傾性

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android