コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八文字屋自笑 はちもんじやじしょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八文字屋自笑
はちもんじやじしょう

[生]寛文1(1661)? 京都
[没]延享2(1745).11.11. 京都
江戸時代中期の浮世草子の作者,版元。安藤氏。通称,八左衛門。京都麩屋町誓願寺下ルに正本 (しょうほん) 屋を営んだ。元禄期に入って絵入り狂言本の刊行で当て,さらに江島其磧と結び,新機軸の役者評判記『役者口三味線』 (1699) や浮世草子『傾城色三味線 (けいせいいろじゃみせん) 』の大当りによって,以後は評判記,浮世草子の当代随一の書肆としての地位を確立。しかし,作者に其磧の名を出さず作者自笑としたことから其磧が離反,一時は両者の競合となったが,享保3 (1718) 年和解し,翌年から両者連名で出版をした。元文1 (36) 年其磧没後は,子の八文字屋其笑との連署で多田南嶺らの作品を出版。その刊行物には自笑の署名があるが,実際は大部分が代作で,自作はほとんどないと考えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

八文字屋自笑【はちもんじやじしょう】

書肆,浮世草子作者。姓は安藤。80歳余で没する。1688年ごろに京の書肆八文字屋八左衛門を二代目か三代目として継いだ。江島其磧(きせき)著作の刊行をきっかけに,役者評判記浮世草子の版元として隆盛。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

はちもんじやじしょう【八文字屋自笑】

?~1745) 江戸中期の戯作者・書肆しよし・版元。京都の人。本名、安藤八左衛門。役者評判記・歌舞伎狂言本などを出版。また、江島其磧を代作者として浮世草子を刊行し、一時其磧と不和に陥ったが、和解以後二人の合作形式により発表した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

八文字屋自笑
はちもんじやじしょう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

八文字屋自笑の関連キーワード役者論語(やくしゃばなし)古今いろは評林嵐雛助(初代)世間子息気質傾城歌三味線八文字屋瑞笑傾城禁短気客者評判記役者論語戯作者

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android