コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

僧物 ソウモツ

デジタル大辞泉の解説

そう‐もつ【僧物】

寄進された、衆共有の物。法衣や寺の房舎など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そうもつ【僧物】

〘仏〙 出家した僧尼に所属する一切のもの。建物・土地などの四方僧物と、法衣・鉢などの現前僧物の二種がある。僧祇物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

僧物
そうもつ

僧祇物」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の僧物の言及

【資財帳】より

…伽藍とは建物,縁起とは創立の由緒のことをいう。道具類はその使用目的によって,仏物(仏分ともいい,仏菩薩の供養に用いられるもの),法物(法分ともいい,箱,机,櫃など仏典保持,供養に使用されるもの),僧物(僧侶が生活するために用いたもの),通物(通分ともいうが,仏・法・僧3者共通して使用するもの)に大別して記載されている。もともと資財帳は奈良時代,国家によって仏教が保護されていたとき,諸寺に対して年々提出させていたもので,寺院の財産が悪僧によって消費されるのを防ぐためであった。…

※「僧物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

僧物の関連キーワードコリーン デューハーストヘップバーンジンネマン要脚・用脚マッケイ資財帳要脚僧尼

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android