僧祇物(読み)そうぎもつ(英語表記)sāṃghika

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

僧祇物
そうぎもつ
sāṃghika

出家教団所有のすべての物資のこと。僧物ともいう。すべての僧尼共有物である四方僧物と,個人所有の私有物である現前僧物との2種に分ける。また4種に分ける分け方もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

そうぎ‐もつ【僧祇物】

〘名〙 仏語。出家の集団に所属する物資一切をいう。寺舎、田園など共有物である四方僧物と、比丘、比丘尼に施与された類の、現に出家が各自用いている所有物である現前僧物の二種。僧祇。僧伽物(そうぎゃもつ)
※往生要集(984‐985)大文六「毀十方仏、偸僧祇物、婬佚無道、逼略浄戒諸比丘尼、姉妹親戚慚愧
※正法眼蔵随聞記(1235‐38)四「唐土には寺院定まり、僧祇物あり。常住物等あって、僧の為めに行道の縁となる」 〔観無量寿経

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android