優渥(読み)ユウアク

大辞林 第三版の解説

ゆうあく【優渥】

名 ・形動 [文] ナリ 
は厚い意
手厚い・こと(さま)。 萩原伯は徐ろに起て-なる待遇を謝し/新粧之佳人 南翠

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ゆう‐あく イウ‥【優渥】

〘名〙 (形動) ねんごろで手厚いこと。めぐみ深いこと。また、そのさま。
※済北集(1346頃か)一〇「数上表解院事太上皇眷遇優渥不允」
※日本風俗備考(1833)一「帝家優の政法にては是を鎮定すべからざるに至れり」 〔左思‐呉都賦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android