コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

感泣 カンキュウ

デジタル大辞泉の解説

かん‐きゅう〔‐キフ〕【感泣】

[名](スル)感激のあまりに泣くこと。「師恩の深さに感泣する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんきゅう【感泣】

( 名 ) スル
感激のあまりに泣くこと。 「見る者聞く人-せざるはなし/新聞雑誌 31

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

感泣の関連キーワード丘・久・九・仇・休・厩・及・吸・嗅・宮・弓・急・救・旧・朽・柩・毬・求・汲・泣・灸・球・究・穹・窮・笈・糺・糾・級・給・臼・舊・躬・鳩新版歌祭文常観(1)小山 正孝堕涙の碑新聞雑誌優渥師恩乙前清範

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android