(読み)ゆう

精選版 日本国語大辞典「優」の解説

ゆう イウ【優】

[1] 〘形動〙 非常にすぐれている、すばらしく良いとして、他からほめたたえる語。上品、優美、優雅優婉、風流、優などの意を表わす。
① 上品で美しいさま。しとやかで優美なさま。また、やさしいさま。
※竹取(9C末‐10C初)「かぐや姫のかたちいうにおはす也」
の深いさま。芸能などの上手なさま。たくみなさま。
源氏(1001‐14頃)葵「常よりもいうにも書い給へるかな」
③ ひときわすぐれているさま。理想的で申し分のないさま。
※天徳四年内裏歌合(960)「少臣奏云、左右歌伴以優也」
④ 殊勝なさま。心がけや態度の立派なさま。
平家(13C前)七「み方の御勢は皆落候に、ただ一騎のこらせ給ひたるこそゆうなれ」
⑤ 十分なゆとりのあるさま。→優に
[2] すぐれていること。特に、学校などで用いる評点の一つで、上位の成績につけるもの。優・良・可または、秀・優・良・可の順とする。
破戒(1906)〈島崎藤村〉二一「中には、で点を付けたのもあり、優とか佳とかしたのもあった」
[補注]現代口語では、連用形の副詞化した「ゆうに」の形を除いて、普通、形容動詞としては用いられない。

やさ【優】

(形容詞「やさしい」の語幹から)
[1] 〘語素〙 名詞の上に付いて、やさしく上品である、しとやかであるなどの意を添える。「やさ人」「やさ男」「やさ女」「やさがた」など。
※人情本・花筐(1841)二「『物かはと君がいひけん鶏の音の』と優(ヤサ)蔵人が詠みたりしも」
[2] 〘形動〙 やさしく、おとなしいさま。
浄瑠璃・大友のまとり(1662)四「やさなをのこがしなせふり」

ゆう‐・す イウ‥【優】

〘他サ変〙
① あつくもてなす。優遇する。
※続日本紀‐慶雲四年(707)四月丙申「賜正六位下山田史御方布鍫塩穀、優学士也」
② ほめる。
※左経記‐長元四年(1031)一二月二六日「毎年失礼、雖然優而不被処恐」

やさし【優】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「優」の解説

ゆう〔イウ〕【優】

[名]すぐれていること。また、成績の評価で上位を表す語。「秀良可」
[形動][文][ナリ]
美しく上品なさま。
「濡羽の黒髪、肩に振分けて後に下げたる姿、―に気高し」〈樗牛滝口入道
たくみなさま。
「常よりも―にも書い給へるかな」〈・葵〉
すぐれているさま。
「―なりとおぼゆばかりすぐれたるとは」〈・帚木〉
けなげなさま。殊勝なさま。
「ただ一騎のこらせ給ひたるこそ―なれ」〈平家・七〉
やさしいさま。→優に
「―に情ありける三蔵かな」〈徒然・八四〉

ゆう【優】[漢字項目]

[音]ユウ(イウ)(漢) ウ(呉) [訓]やさしい すぐれる まさる
学習漢字]6年
〈ユウ〉
ものやわらか。しとやか。やさしい。「優雅優柔優美
他よりまさる。すぐれる。「優越優秀優勝優勢優先優等優良優劣
手厚い。「優遇優待
役者。芸人。「女優声優男優俳優名優
〈ウ〉梵語の音訳字。「優曇華うどんげ優婆夷うばい優婆塞うばそく
[名のり]かつ・ひろ・まさ・ゆたか

やさ【優】

《形容詞「やさしい」の語幹》名詞の上に付いて、やさしく上品である、しとやかである、などの意を表す。「男」「女」「姿」
[形動]《近世語》やさしく、おとなしいさま。
「―なをのこが、しなせふり」〈・大友真鳥〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のの言及

【俳優】より

…中国では先秦時代,すでに俳優という言葉が存在し,君主の側にはべり,君主を楽しませる者を指した。単に優,あるいは優人,また倡優,俳倡とも呼ばれる。…

※「優」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android