コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

儲君 チョクン

デジタル大辞泉の解説

ちょ‐くん【×儲君】

皇太子。東宮(とうぐう)。儲王。もうけのきみ。
貴族の世継ぎの子。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょくん【儲君】

皇太子。春宮とうぐう。もうけのきみ。
貴族の世継ぎ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の儲君の言及

【皇位継承】より

…しかし爾後の実例に徴すると,皇嗣の選定は,嫡系男子の優位を認めながらも,天皇(あるいは上皇)の勅定するところであり,明治の皇室典範制定以前は,立太子の詔において初めて皇嗣を冊定するのを本則とした。ただ立太子の儀はときに省略された例も少なくなく,ことに室町時代から江戸初期にかけて中絶したが,霊元天皇がこれを再興するに当たり,立太子に先立ち朝仁親王(東山天皇)を儲君(ちよくん)に治定したのが例となって,明治の嘉仁親王(大正天皇)の立太子に至るまで,儲君治定が実質的な皇嗣冊立を意味した。
[皇位継承の資格]
 皇位継承者は,いうまでもなく皇親に限られる。…

【皇太子】より

…天皇の位を継ぐべき皇子。たんに太子ともいい,〈ひつぎのみこ〉〈もうけのきみ〉,東宮,春宮,儲君(ちよくん)ともいう。皇太子は,天皇在位中に,皇子,皇孫,皇兄弟またはその他の皇親のうちから定められ,立太子の儀が行われるのが恒例である。…

【東山天皇】より

…霊元天皇の第4皇子。1682年(天和2)父天皇の強い希望により儲君(ちよくん)に治定,翌年皇太子となり,ついで87年(貞享4)践祚した。立太子の儀は300余年間の中絶を復活したものであり,儲君治定は立太子以前に皇嗣の身分を確定しておく必要から始められた新儀である。…

※「儲君」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

儲君の関連キーワード英照皇太后中御門天皇押小路甫子後深草天皇後桜町天皇後桃園天皇桜町天皇明治天皇東山天皇皇太子妃新清和院儲けの君桃園天皇青綺門院立太子皇太子儲王儲嗣儲宮東宮

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android