元子(読み)モトコ

精選版 日本国語大辞典の解説

げん‐し【元子】

〘名〙 皇太子。太子。
※大小学校建議(1869)〈加藤有隣〉「適庶子元子胄子等もなければ、勿論定りたる学生学士と申す者無之候」 〔詩経‐魯頌・閟宮〕

もと‐こ【元子】

〘名〙 元金と利子。元利(がんり)
甲陽軍鑑(17C初)品三三「皆借用いたし、暮に御算用あり。信州・甲州共に、其筋、諸代官衆へ、本子(モトコ)共に、進上申候」

もとっ‐こ【元子】

〘名〙 もとのとおりの状態。また、元値
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)前「薯蕷(やまのよも)に斗(べい)なっちゃあ元直(モトッコ)にならねへ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

元子の関連情報