元箱根温泉(読み)もとはこねおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「元箱根温泉」の解説

元箱根温泉
もとはこねおんせん

芦ノ湖温泉ともいう。神奈川県南西部,箱根町にある温泉。箱根山の火口原湖である芦ノ湖の南東岸にある。古くは箱根神社の門前町で,箱根越えの交通路の要地でもあったが,温泉は第2次世界大戦後,北方の湯ノ花沢からの引き湯で開かれた。泉質芒硝泉泉温 64~75℃。南方に続く旧箱根町とともに近世東海道の旧跡が多く,石畳路,スギ並木,復元された関所,石仏群,箱根資料館などがある。富士山眺望もよい。富士箱根伊豆国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android