元締役(読み)もとじめやく

精選版 日本国語大辞典の解説

もとじめ‐やく【元締役】

〘名〙
① 元締をする役。また、その人。
※落穂集(1728)二「私儀を古着買の元〆役に仰付被下度と申に付」
② 江戸幕府の職名。金奉行に付属した金奉行同心のうちから五~七人を選び、金銀出納、金庫守衛の指揮に当たったもの。なお、諸大名家にもあり、ほぼ同じ職掌であった。
※福翁自伝(1899)〈福沢諭吉〉一身一家経済の由来「すぐに其次ぎの元締役(モトジメヤク)の奉行の処に行て」
※随筆・宝暦現来集(1831)四「元〆役三人、役上下にて小普請世話役之格高五十俵三人扶持」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android