コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兆渓元明 ちょうけい げんみょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

兆渓元明 ちょうけい-げんみょう

?-1734 江戸時代中期の画僧。
黄檗(おうばく)宗。江戸弘福寺の鉄牛道機に師事。室町時代の画僧明兆(みんちょう)に私淑。京都東福寺にある「五百羅漢(らかん)図」を模写し,弘福寺におさめた。享保(きょうほう)19年死去。別号に一道。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

兆渓元明の関連キーワードシャルダン平敷屋朝敏ブルボン朝ボルテール紀国屋文左衛門文楽人形浄瑠璃芝居工藤平助高其佩シネマコンプレックス

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone