鉄牛道機(読み)テツギュウドウキ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鉄牛道機 てつぎゅう-どうき

1628-1700 江戸時代前期の僧。
寛永5年7月26日生まれ。黄檗(おうばく)宗。長門(ながと)(山口県)の人。長崎崇福(そうふく)寺で木庵性瑫(もくあん-しょうとう)の法をつぐ。相模(さがみ)小田原紹太寺,江戸弘福寺などをひらく。鉄眼(てつげん)道光の黄檗版大蔵経(だいぞうきょう)の刊行をたすけ,下総(しもうさ)椿海(千葉県)の干拓事業にもつくした。元禄(げんろく)13年8月20日死去。73歳。俗姓は益田。号は自牧子。諡号(しごう)は大慈普応国師。語録に「鉄牛禅師語録」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

鉄牛道機 (てつぎゅうどうき)

生年月日:1628年7月26日
江戸時代前期;中期の黄檗僧
1700年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

てつぎゅう‐どうき テツギウダウキ【鉄牛道機】

江戸前期の黄檗宗の僧。号は自牧子。諡号は大慈普応国師。石見国(島根県)の人。隠元隆琦に帰依し、宇治黄檗山万福寺の創建を助けた。下総国(千葉県)椿沼の開拓にも尽力。著書に「七会語録」「自牧摘稿」など。寛永五~元祿一三年(一六二八‐一七〇〇

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

タピオカドリンク

中国茶や紅茶などに球状のタピオカを入れた台湾発祥の飲料。「タピオカティー」とも呼ばれ、米国やアジア諸国で人気を集めている。日本では1990年代に台湾のチェーン店が進出して以来、若い女性を中心に幾度もブ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android