鉄牛道機(読み)テツギュウドウキ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鉄牛道機 てつぎゅう-どうき

1628-1700 江戸時代前期の僧。
寛永5年7月26日生まれ。黄檗(おうばく)宗。長門(ながと)(山口県)の人。長崎崇福(そうふく)寺で木庵性瑫(もくあん-しょうとう)の法をつぐ。相模(さがみ)小田原紹太寺,江戸弘福寺などをひらく。鉄眼(てつげん)道光の黄檗版大蔵経(だいぞうきょう)の刊行をたすけ,下総(しもうさ)椿海(千葉県)の干拓事業にもつくした。元禄(げんろく)13年8月20日死去。73歳。俗姓は益田。号は自牧子。諡号(しごう)は大慈普応国師。語録に「鉄牛禅師語録」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

鉄牛道機 (てつぎゅうどうき)

生年月日:1628年7月26日
江戸時代前期;中期の黄檗僧
1700年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android