コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉄牛道機 テツギュウドウキ

2件 の用語解説(鉄牛道機の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

てつぎゅう‐どうき〔テツギウダウキ〕【鉄牛道機】

[1628~1700]江戸前期の黄檗(おうばく)宗の僧。石見(いわみ)の人。別号、自牧子。隠元に師事。宇治の万福寺の創建や下総(しもうさ)の椿沼開墾に尽力。著「自牧摘稿」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鉄牛道機 てつぎゅう-どうき

1628-1700 江戸時代前期の僧。
寛永5年7月26日生まれ。黄檗(おうばく)宗。長門(ながと)(山口県)の人。長崎崇福(そうふく)寺で木庵性瑫(もくあん-しょうとう)の法をつぐ。相模(さがみ)小田原紹太寺,江戸弘福寺などをひらく。鉄眼(てつげん)道光の黄檗版大蔵経(だいぞうきょう)の刊行をたすけ,下総(しもうさ)椿海(千葉県)の干拓事業にもつくした。元禄(げんろく)13年8月20日死去。73歳。俗姓は益田。号は自牧子。諡号(しごう)は大慈普応国師。語録に「鉄牛禅師語録」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

鉄牛道機の関連キーワード万霊光誉沙門日東生駒利勝清水良世順専乗阿常観(2)忠尊必夢妙庵

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone