先例主義(読み)センレイシュギ

デジタル大辞泉「先例主義」の解説

せんれい‐しゅぎ【先例主義】

その事柄に適した処理を考えることなく、過去の似たような事例にならって処理すること。先例重視の考え方。前例主義
[類語]官僚的形式的儀礼的事務的・形だけ・通り一遍紋切り型高圧的威圧的強圧的機械的規則的権威主義型通り杓子しゃくし定規

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android