紋切り型(読み)モンキリガタ

デジタル大辞泉の解説

紋形を切り抜くための型。
きまりきった型。かたどおりで新味のないこと。「紋切り型の祝辞」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

紋を切り抜くための型。
物事のやり方が一定の様式にのっとっていること。きまりきっていて新しみがないこと。 -のあいさつ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

紋切り型の関連情報