コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

先天性幽門狭窄症 せんてんせいゆうもんきょうさくしょう

世界大百科事典 第2版の解説

せんてんせいゆうもんきょうさくしょう【先天性幽門狭窄症】

正しくは先天性肥厚性幽門狭窄症congenital hypertrophic pyloric stenosisという。先天的に胃幽門部に長さ約2cm,幅約1.5cmの卵形ないし球形の硬い弾力性のある腫瘤ができる疾患。この腫瘤は主として輪筋層の肥厚に起因しており,筋肉の肥厚の結果,内腔の狭窄が起こるものであるが,けっして閉鎖には至らない。発生頻度は日本人よりも白人で高く,男女比は4対1で男児に多く,また第1子にやや多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

先天性幽門狭窄症の関連キーワードダウン症候群

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android