コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

先知 センチ

デジタル大辞泉の解説

せん‐ち【先知】

[名](スル)
前もって知ること。また、衆人に先んじて道を覚知すること。また、その人。
「今日の事を―すべくして猶お能わず」〈織田訳・花柳春話
以前の知行。
「望みかなひて―五百石にて」〈浮・二十不孝・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せんち【先知】

( 名 ) スル
人に先んじて知ること。衆人に先立って道理を悟り知ること。また、その人。 「今日の事を-すべくして猶ほ能あたはず/花柳春話 純一郎

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

先知の関連キーワード竹之内 静雄竹之内静雄知行合一説日本の諺闇の夜の五百石知行衆人三日

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android