コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

先/前 サキ

デジタル大辞泉の解説

さき【先/前】

元から遠い、突き出ている部分。先端。突端。「岬の―」「針の―で突く」「鼻の―」
長いものの末端。はし。「ひもの―」
続いているものなどの一番はじめ。先頭。「列の―」「みんなの―に立って歩く」
ある点や線を基準にして、その前方。「仙台から―は不通」「三軒―の家」「駅は目と鼻の―だ」「―を行く車に追いつく」
金額・数量などが、ある額・量を超えること。「千円から―の品はない」
継続している物事の残りの部分。「話の―を聞こう」「―を急いでいる」
行き着く所。目的の場所。「―へ着いてからのことだ」「行く―」
未来のある時点。将来。前途。「―を見通しての計画」「―の楽しみな青年」
時間的に前。あることより前。「代金を払うのが―だ」「ひと足―に帰る」⇔あと
10 現在からそう遠くない過去。以前。「―の台風の被害」「―の大臣」
11 順序の前の方。「名簿の―の方に出ている」「だれが―に入りますか」「お―にどうぞ」⇔あと
12 優先すべき事柄。「地震のときは何より火を消すのが―だ」「あいさつより用件が―だ」
13 交渉の相手方。先方。「―の出方しだいだ」
14 相場で、「先物」の略。
15 行列の先導をする役。さきおい。さきばらい。
「―なるをのこども、疾(と)う、促せや、など行ふ」〈かげろふ・上〉
16先駆け」の略。先陣。
「内々は―に心を掛けたりければ」〈平家・九〉
17幸先(さいさき)」の略。
「其様な―の悪い事をおしゃるぞ」〈虎寛狂・河原太郎〉
[下接語]明かり先宛(あて)先後(あと)先売り先売れ先襟先縁先生い先老い先衽(おくみ)先櫂(かい)先肩先門(かど)先気先切っ先口先下馬先玄関先剣先小手先此(こ)の先幸(さい)先潮先仕事先舌先正(しょう)先太刀先旅先使い先筒先勤め先爪(つま)先褄(つま)先手先出先手羽先得意先嫁ぎ先突(とつ)先届け先供先・取引先・庭先軒先刃先鼻先鼻の先馬場先春先筆先舳(へ)先ペン先棒先矛(ほこ)先火(ほ)先穂先真っ先水先店先胸(むな)先目先矢先槍(やり)先行き先行く先指先(ざき)先先

さっき【先】

《「さき」の促音添加》時間的に少し前であること。先刻。さきほど。「さっきのことは謝る」「さっきから電話が鳴っている」「さっき聞いたばかりの話」

せん【先】

まえ。以前。昔。もと。「に会った人」「その話はから知っていた」
現在のものの前のもの。さき。「の場所から移した」
人よりさきに事を行うこと。さきがけ。
「―と仰せらるるに依って、愚僧から参らうか」〈虎寛狂・宗論
囲碁・将棋で、さきに打ちはじめるほう。先手。
剣道で、機先を制すること。

せん【先】[漢字項目]

[音]セン(呉)(漢) [訓]さき まず
学習漢字]1年
〈セン〉
空間的にいちばん前の方。「先端先頭先導先方
時間的に早い方。ある時点より前。また、最初。「先客先刻先妻先日先生先祖先着先輩先発機先祖先
今の一つ前。「先月先週先先代
碁・将棋で、先番。「先手(せんて)互先(たがいせん)
さきにする。さきんずる。「率先優先
(「」の代用字)突出している。「先鋭
〈さき〉「先棒先程後先
[名のり]すすむ・ひろ・ゆき
[難読]幸先(さいさき)先蹤(せんしょう)舳先(へさき)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さっき【先】

〔「先さき」の促音添加〕
ほんの少し前の時。先ほど。先刻。 「 -から待っていた」 「 -出かけたばかり」

せん【先】

現在のものの前であること。 「 -の勤め先」 「 -の女房/滑稽本・浮世床
(現在から過去にさかのぼる方向で)前の方。以前。昔。 「 -に行ったことがある」 「 -から気付いていた」
順序が前であること。さきんずること。 「機早なる若大衆共、武士に-をせられじとや思けん/太平記 15
囲碁・将棋で、先手。また、囲碁では一方が常に黒を持って先着する手合割り。 → 互い先せん先相先せんあいせん
「先途せんど」の略。 「爰を-といどみあふ/浄瑠璃・平家女護島」
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

先/前の関連キーワードウェットフィート届け先・届先糸染め・糸染目と鼻の間武帝(陳)テーパードカスタマー引っ越し先座が長い先使用権先駆け前振込み現先市場先を取る先っちょ仕入れ先遊休資本売れ口就職口勤務先

今日のキーワード

陳腐

[名・形動]古くさいこと。ありふれていて、つまらないこと。また、そのさま。陳套(ちんとう)。「陳腐な表現」「陳腐なせりふ」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android