先/前(読み)サキ

デジタル大辞泉の解説

さき【先/前】

元から遠い、突き出ている部分。先端。突端。「岬の―」「針の―で突く」「鼻の―」
長いものの末端。はし。「ひもの―」
続いているものなどの一番はじめ。先頭。「列の―」「みんなの―に立って歩く」
ある点や線を基準にして、その前方。「仙台から―は不通」「三軒―の家」「駅は目と鼻の―だ」「―を行く車に追いつく」
金額・数量などが、ある額・量を超えること。「千円から―の品はない」
継続している物事の残りの部分。「話の―を聞こう」「―を急いでいる」
行き着く所。目的の場所。「―へ着いてからのことだ」「行く―」
未来のある時点。将来。前途。「―を見通しての計画」「―の楽しみな青年」
時間的に前。あることより前。「代金を払うのが―だ」「ひと足―に帰る」⇔あと
10 現在からそう遠くない過去。以前。「―の台風の被害」「―の大臣」
11 順序の前の方。「名簿の―の方に出ている」「だれが―に入りますか」「お―にどうぞ」⇔あと
12 優先すべき事柄。「地震のときは何より火を消すのが―だ」「あいさつより用件が―だ」
13 交渉の相手方。先方。「―の出方しだいだ」
14 相場で、「先物」の略。
15 行列の先導をする役。さきおい。さきばらい。
「―なるをのこども、疾(と)う、促せや、など行ふ」〈かげろふ・上〉
16先駆け」の略。先陣。
「内々は―に心を掛けたりければ」〈平家・九〉
17幸先(さいさき)」の略。
「其様な―の悪い事をおしゃるぞ」〈虎寛狂・河原太郎〉
[下接語]明かり先宛(あて)先後(あと)先売り先売れ先襟先縁先生い先老い先衽(おくみ)先櫂(かい)先肩先門(かど)先気先切っ先口先下馬先玄関先剣先小手先此(こ)の先幸(さい)先潮先仕事先舌先正(しょう)先太刀先旅先使い先筒先勤め先爪(つま)先褄(つま)先手先出先手羽先得意先嫁ぎ先突(とつ)先届け先供先・取引先・庭先軒先刃先鼻先鼻の先馬場先春先筆先舳(へ)先ペン先棒先矛(ほこ)先火(ほ)先穂先真っ先水先店先胸(むな)先目先矢先槍(やり)先行き先行く先指先(ざき)先先

さっき【先】

《「さき」の促音添加》時間的に少し前であること。先刻。さきほど。「さっきのことは謝る」「さっきから電話が鳴っている」「さっき聞いたばかりの話」

せん【先】

まえ。以前。昔。もと。「に会った人」「その話はから知っていた」
現在のものの前のもの。さき。「の場所から移した」
人よりさきに事を行うこと。さきがけ。
「―と仰せらるるに依って、愚僧から参らうか」〈虎寛狂・宗論
囲碁・将棋で、さきに打ちはじめるほう。先手。
剣道で、機先を制すること。

せん【先】[漢字項目]

[音]セン(呉)(漢) [訓]さき まず
学習漢字]1年
〈セン〉
空間的にいちばん前の方。「先端先頭先導先方
時間的に早い方。ある時点より前。また、最初。「先客先刻先妻先日先生先祖先着先輩先発機先祖先
今の一つ前。「先月先週先先代
碁・将棋で、先番。「先手(せんて)互先(たがいせん)
さきにする。さきんずる。「率先優先
(「」の代用字)突出している。「先鋭
〈さき〉「先棒先程後先
[名のり]すすむ・ひろ・ゆき
[難読]幸先(さいさき)先蹤(せんしょう)舳先(へさき)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さっき【先】

〔「先さき」の促音添加〕
ほんの少し前の時。先ほど。先刻。 「 -から待っていた」 「 -出かけたばかり」

せん【先】

現在のものの前であること。 「 -の勤め先」 「 -の女房/滑稽本・浮世床
(現在から過去にさかのぼる方向で)前の方。以前。昔。 「 -に行ったことがある」 「 -から気付いていた」
順序が前であること。さきんずること。 「機早なる若大衆共、武士に-をせられじとや思けん/太平記 15
囲碁・将棋で、先手。また、囲碁では一方が常に黒を持って先着する手合割り。 → 互い先せん先相先せんあいせん
「先途せんど」の略。 「爰を-といどみあふ/浄瑠璃・平家女護島」
[句項目] 先を越す 先を取る

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さきん・じる【先】

〘自他ザ上一〙 (サ変動詞「さきんずる」の上一段化したもの) =さきんずる(先)

さきん‐・ずる【先】

(「先(さき)にする」の変化した語)
[1] 〘自サ変〙 さきん・ず 〘自サ変〙 他よりも先に進む。先行する。率先する。さきんじる。
※漢書列伝竺桃抄(1458‐60)公孫弘卜式児寛第二八「子は父に先て死る様なことはないぞ」
※五箇条の御誓文‐明治元年(1868)三月一四日「朕、躬を以て衆に先んじ、天地神明に誓ひ」
[2] 〘他サ変〙 さきん・ず 〘他サ変〙 ある物事を他よりも先に行なう。先手を取る。優先させる。さきんじる。
※史記秦本紀永万元年点(1165)「身、これを以て先(サキンシ)、僅かに以て小しき治れり」
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉閨閥「渠奴(きゃつ)は女房より一歩を先んじて行く事を決して許されない」

さっき【先】

〘名〙 (「さき(先)」の変化した語) 時間的に少し前であることを表わす語。副詞的にも用いる。さきほど。今しがた。先刻。
※浄瑠璃・大原御幸(1681)二「扨はさっきは熊谷の直家とそれ程くさりあふたよな」

せん【先】

〘名〙
① 進んでゆく方向でまえに位置すること。また、順序でまえ。さきに立ってみちびくこと。先頭。さき。
※太平記(14C後)九「是為朝敵之最臣之道不命乎。又為神敵之先。為天之理不誅乎」 〔詩経‐小雅・正月〕
② 他よりさきんじて行なうこと。さきがけ
※太平記(14C後)一五「機早なる若大衆共、武士に先をせられじとや思けん」 〔漢書‐英布伝〕
③ 先祖。祖先。父祖。
※史記抄(1477)三「契は薛殷の先ぞ。后稷は周の先ぞ。伯夷は斉太公の先祖也」 〔書経‐太甲中〕
囲碁将棋などで、相手よりさきに始める方。または、囲碁で下手が常に黒を持ち先に打つ手合割。先手。
※源氏(1001‐14頃)手習「盤、取りにやりて、われはと思ひて、せんせさせたてまつりたるに」 〔酉陽雑俎‐語資〕
⑤ 現在のもののまえにその位置を占めたもの。さき。
※咄本・喜美賀楽寿(1777)法力「妙喜の神(しん)たくをききましたら、せんの女房の死霊だと申ました」
※足跡(1909)〈石川啄木〉「先(セン)の場所(ところ)へ列ぶのだ、先の場所へ」
⑥ 今は過去になっている時。まえかた。以前。
※浮世草子・小夜衣(1683)五「せんはさかねだりなる口舌(くぜ)御申かけ余りなる御事」
⑦ 「せんせい(先生)」の略。
※黄表紙・高漫斉行脚日記(1776)上「せんの仰せらるるからは、正筆にいつわりあるべからず」
⑧ 「せんど(先途)」の略。
※御伽草子・梵天国(室町末)「さる程にここをせんとぞ吹き給ふ。姫君は聞召、中納言の笛の音と、聞知給へば」

せん‐・ず【先】

〘他サ変〙 ⇒せんずる(先)

せん‐・ずる【先】

〘他サ変〙 せん・ず 〘他サ変〙 他人が行なう以前にことをする。先手をとる。先(さき)をこす。さきんずる。
和泉式部日記(11C前)「ねたうせんぜられぬるとおぼして」

まず まづ【先】

〘副〙
① 他のもの、他の事態より先んずるさまを表わす語。最初に。まっさきに。いちはやく。
※万葉(8C後)五・八一八「春されば麻豆(マヅ)咲く宿の梅の花ひとり見つつや春日暮さむ」
② 一つの意志・判断を、他のことをさしおいて表明しようとする気持を表わす語。何はさておき。ともかく。文頭に用いて、推量や命令の表現を伴ったり、以下の記述を略して用いたりする。
※落窪(10C後)四「まづかくなんと物し侍らむ、とて立てば」
※狂言記・七騎落(1660)「すでにさしちがへんせし所に〈略〉これは何事をしたまふぞ、まづとどまり給へと申ければ」
③ 自分の判断や主張を、恐らく正確であろう、そのような言い方で表現して大過あるまいと、吟味肯定する気持を表わす語。まあ大体。おおよそ。多分。
※俳諧・笈日記(1695)中「やまざくら瓦ふくもの先ふたつ〈芭蕉〉」
※安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉三「まづ損はしねへつもりサ」
※マイクとともに(1952)〈藤倉修一〉アメリカさん「どこへ行っても仕事に追われ、ゆっくり市内御見物などということはまずない」
④ (特に、否定的な表現を伴って) その事態が動かしがたいことを、いやだ、困ったことだ、などの気持を込めて強調する語。どうにもこうにも。いかにも。
※今昔(1120頃か)二八「先づ心も得ぬ事なれば」

まんず まんづ【先】

〘副〙 「まず(先)」の変化した語。やや、俗っぽい言い方。
※説経節・説経苅萱(1631)中「おしゃう人はこのよしをきこしめし、まんすはみたりまさゆめを」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android