光の分散(読み)ひかりのぶんさん(英語表記)dispersion of light

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

光の分散
ひかりのぶんさん
dispersion of light

光がプリズムなどを通るとき,波長の違いでその屈折角が異なる現象。広義には,波長または振動数の違いで媒質中の光波の速度や屈折率が違うことをいう。透明媒質の屈折率は普通は波長が長くなるにつれて減少し,これを正常分散という。その物質が固有の吸収を起す波長領域では,屈折率が急激に減少,増加する異常分散を示す。ほかに旋光性が波長とともに変化する旋光分散と呼ばれる現象もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android