旋光分散(読み)せんこうぶんさん(英語表記)rotatory dispersion

  • optical rotatory dispersion
  • せんこうぶんさん〔センクワウ〕
  • 旋光分散 optical rotatory dispersion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

旋光性の物質中を直線偏光をもつ光が通ると,その偏光面が回転するが,回転角の大きさは光の通過する距離や波長によって違う。これを旋光分散または回転分散という。たとえば白色偏光が旋光性物質を通過すると,色によって偏光面が変るから,これを検光子に通せば,ある特定の色に見え,検光子を回転すると違った色に見える。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

光学活性物質の旋光度は,測定する光線の波長によって変化する。この現象を旋光分散(ORD略称)または回転分散rotatory dispersion(RDと略称)といい,縦軸に比旋光度[α]または分子旋光度[M]を波長に対してプロットした曲線として表すことができる。比旋光度と入射光の波長λの関係は,光の吸収が無視できる領域では,多くの場合ドルーデの単項式[α]=A/(λ2-λ02),あるいはこのような曲線の重ね合せであるドルーデの多項式で近似される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

物質の旋光性は用いた光源の波長によって異なるので、波長を変えて比旋光度を測定したスペクトルを旋光分散(ORDともよばれる)という。一般に、ナトリウムのD線(589.3ナノメートル)よりも短波長側の光を用いると比旋光度は大きくなる。また、その物質が入射光を吸収する付近では、比旋光度が急激に増減し、吸収強大の位置では比旋光度がゼロになることが多い。旋光分散の値は、不斉炭素原子を通じて有機化合物の立体配座の研究に用いられる。最近では、円偏光二色性(光学活性の一種)による研究のほうが盛んである。[下沢 隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

化学辞典 第2版の解説

略称ORD.光学活性物質の旋光度が波長によってかわる現象.直線偏光または平面偏光は,左右円偏光の合成によって表される.光学活性物質は左円偏光と右円偏光に対する屈折率が異なるため,平面偏光がこの物質を通過すると,両円偏光に位相差を生じて偏光面が回転される(旋光性).また,光学活性物質の吸収が左円偏光と右円偏光に対して異なるときは,両偏光の電気ベクトルの大きさが変化するため,平面偏光がこの物質を通過するとだ円偏光になる(円二色性).旋光分散は,一般にこれら二つの現象が重なって現れる.これは図のような旋光分散曲線によって表示される.縦軸に分子旋光度[φ]をとり,横軸に波長をとる.測定光の波長範囲において,長波長から短波長に向かって,[φ]が単純に増加または減少する場合を単純曲線という,この場合,正の側に増大するものを正とよび,の側に増大していくものを負という.単純曲線を示す分散を正常分散という.この場合でもさらに短波長領域を測定すれば異常分散が現れる.単純曲線はドルーデの分散式で近似される.

分散曲線が極大,極小をもって複雑に変化するものを異常分散曲線という.1個ずつの極大と極小を有する曲線を単一コットン効果曲線といい,長波長側に極大,短波長側に極小を有するときを正のコットン効果,こののときを負のコットン効果を示すという.異常分散曲線に複数のコットン効果が現れる場合を,複合コットン効果曲線という.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報