コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

旋光分散 せんこうぶんさん rotatory dispersion

5件 の用語解説(旋光分散の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

旋光分散
せんこうぶんさん
rotatory dispersion

旋光性の物質中を直線偏光をもつ光が通ると,その偏光面が回転するが,回転角の大きさは光の通過する距離や波長によって違う。これを旋光分散または回転分散という。たとえば白色偏光が旋光性物質を通過すると,色によって偏光面が変るから,これを検光子に通せば,ある特定の色に見え,検光子を回転すると違った色に見える。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せんこう‐ぶんさん〔センクワウ‐〕【旋光分散】

物質の旋光性の度合い(旋光度)が光の波長により異なること。一般に、波長が長いほど、旋光度は小さくなるORD(optical rotatory dispersion)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

旋光分散

 光学活性物質の旋光度が波長によって変わる現象で,これを利用して高分子物質構造解析などを行う.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

せんこうぶんさん【旋光分散 optical rotatory dispersion】

光学活性物質の旋光度は,測定する光線の波長によって変化する。この現象を旋光分散(ORDと略称)または回転分散rotatory dispersion(RDと略称)といい,縦軸に比旋光度[α]または分子旋光度[M]を波長に対してプロットした曲線として表すことができる。比旋光度と入射光の波長λの関係は,光の吸収が無視できる領域では,多くの場合ドルーデの単項式[α]=A/(λ2-λ02),あるいはこのような曲線の重ね合せであるドルーデの多項式で近似される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

旋光分散
せんこうぶんさん
optical rotatory dispersion

物質の旋光性は用いた光源の波長によって異なるので、波長を変えて比旋光度を測定したスペクトルを旋光分散(ORDともよばれる)という。一般に、ナトリウムのD線(589.3ナノメートル)よりも短波長側の光を用いると比旋光度は大きくなる。また、その物質が入射光を吸収する付近では、比旋光度が急激に増減し、吸収強大の位置では比旋光度がゼロになることが多い。旋光分散の値は、不斉炭素原子を通じて有機化合物の立体配座の研究に用いられる。最近では、円偏光二色性(光学活性の一種)による研究のほうが盛んである。[下沢 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旋光分散の関連キーワード光学活性旋光計旋光性比旋光度変旋光旋光度コットン効果旋光旋光分析光学的偏倚(偏位)法則

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone