コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光冏 こうげい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

光冏 こうげい

?-1492 室町時代の僧。
浄土宗。江戸増上寺の聖観(しょうかん)にまなぶ。文明11年増上寺4世となり,のち駿河(静岡県)に仙年寺をひらく。内外の典籍に通じ,詩文にもたくみだった。延徳4年5月14日死去。近江(おうみ)(滋賀県)出身。俗姓蒲生。号は文蓮社,隆誉,珠阿。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

光冏の関連キーワード室町時代浄土宗

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android