コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光国舜玉 こうこく しゅんぎょく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

光国舜玉 こうこく-しゅんぎょく

1477-1561 戦国時代の僧。
文明9年生まれ。曹洞(そうとう)宗。三河(愛知県)泉竜寺の克補契嶷(こくほ-かいぎょく)の法をつぐ。永正(えいしょう)11年三河二連木城主戸田憲光にまねかれ,三河全久院をひらく。泉竜寺や遠江(とおとうみ)(静岡県)大洞院などの住持をつとめ,享禄(きょうろく)2年信濃(しなの)(長野県)瑞光院の開山(かいさん)となった。永禄(えいろく)4年8月11日死去。85歳。伊豆(いず)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

光国舜玉の関連キーワード在天宗鳳戦国時代

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android