コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光子女王 あきこじょおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

光子女王 あきこじょおう

1819-1906 江戸後期-明治時代,孝仁(たつひと)親王の第3王女。
文政2年閏(うるう)4月27日生まれ。睦宮(むつのみや),佳宮(よしのみや),瑩宮(きよのみや)を称した。弘化(こうか)3年江戸にいき,田安慶頼(よしより)と結婚した。明治39年10月26日死去。88歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

光子女王 (あきこじょおう)

生年月日:1819年4月27日
江戸時代後期;末期;明治時代の女性。孝仁親王の第3王女
1906年没

光子女王 (みつこじょおう)

生年月日:1699年9月14日
江戸時代中期の女性。伏見宮邦永親王第2王女
1738年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

光子女王の関連キーワード福子内親王孝仁親王生年月日明治時代親王

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android