光明遍照(読み)こうみょうへんじょう

精選版 日本国語大辞典「光明遍照」の解説

こうみょう‐へんじょう クヮウミャウヘンゼウ【光明遍照】

〘名〙 仏語。阿彌陀如来のが遍(あまね)く十方を照らし、念仏の衆生をその光の中におさめとって捨てないと説く、「観無量寿経」の光明四句の文「光明遍照十方世界、念仏衆生摂取不捨」の、最初の一句。〔往生要集(984‐985)〕
平家(13C前)九「其後西にむかひ、高声に十念となへ、光明遍照十方世界、念仏衆生摂取不捨とのたまひもはてねば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「光明遍照」の解説

こうみょう‐へんじょう〔クワウミヤウヘンゼウ〕【光明遍照】

仏語。阿弥陀仏の救いの光があまねく全世界に及んでいるということ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の光明遍照の言及

【毘盧遮那仏(毘盧舎那仏)】より

…サンスクリットのバイローチャナVairocanaの音訳で,前接辞バイvai‐は〈広く〉の意,ローチャナの語根ルチrucは〈照らす〉の意である。略して盧遮那(るしやな)仏,意訳して光明遍照と呼ばれる。イランの太陽神信仰などと関連して出現したとされる無量光仏(=阿弥陀仏),弥勒菩薩などの一連の仏菩薩の一環と考えられよう。…

※「光明遍照」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

与党・野党

一般には、与党とは政権を担当している政党(政府党・政権党)、野党とは政権の座についていない政党(在野党)をさす。元来、この与党・野党という語は、二大政党制による議会政治・政党政治が円滑に行われていた国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android