コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光明遍照 コウミョウヘンジョウ

デジタル大辞泉の解説

こうみょう‐へんじょう〔クワウミヤウヘンゼウ〕【光明遍照】

仏語。阿弥陀仏の救いの光があまねく全世界に及んでいるということ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうみょうへんじょう【光明遍照】

阿弥陀仏の身からでる慈悲の光は、十方世界を遍あまねく照らし、念仏する衆生しゆじようを救い取って見捨てることがないという意。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の光明遍照の言及

【毘盧遮那仏(毘盧舎那仏)】より

…サンスクリットのバイローチャナVairocanaの音訳で,前接辞バイvai‐は〈広く〉の意,ローチャナの語根ルチrucは〈照らす〉の意である。略して盧遮那(るしやな)仏,意訳して光明遍照と呼ばれる。イランの太陽神信仰などと関連して出現したとされる無量光仏(=阿弥陀仏),弥勒菩薩などの一連の仏菩薩の一環と考えられよう。…

※「光明遍照」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

光明遍照の関連キーワード毘盧遮那仏(毘盧舎那仏)毘盧遮那仏大日如来毘盧遮那十方世界自蹊仏語衆生慈悲

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android