コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光永平蔵 みつなが へいぞう

2件 の用語解説(光永平蔵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

光永平蔵 みつなが-へいぞう

1804-1862 江戸時代後期の治水家。
文化元年生まれ。肥後(熊本県)益城郡(ましきぐん)木倉手永(きのくらてなが)の惣(そう)庄屋,光永惟影の養子。嘉永(かえい)元年(1848)石造の御船川(みふねがわ)眼鏡橋をきずき,安政6年(1859)御船町地域に「嘉永の井手(用水路)」をひらいた。文久2年10月9日死去。59歳。本姓は加来。名は惟詳(これよし)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

光永平蔵

没年:文久2.10.9(1862.11.30)
生年:生年不詳
江戸後期の治水功労者。熊本藩木倉手永惣庄屋光永円右衛門惟影の養子。名は惟詳,通称はじめ次郎助。天保2(1831)年養父の跡を継いで惣庄屋となるが,10年病を得て辞任した。14年,再び芦北郡湯浦手永・久木野手永惣庄屋,益城郡木倉手永に所替となり,文久2(1862)年病死するまで惣庄屋を務めた。在職した30年間に多くの水利橋梁工事を手がけた。御船上町の石造2連の眼鏡橋,七滝村八勢の石造眼鏡橋,嘉永新井手がその代表的成果である。なかでも嘉永新井手は7年を費やして北中島亀甲川を水源とし,20カ所余,900mの隧道を穿って延長28kmの水路を貫通させ,数百町歩の新田を開発し米穀の産出を可能にした。<参考文献>武藤厳男『肥後先哲偉蹟』

(松本寿三郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

光永平蔵の関連キーワード渡辺松臺有馬胤滋鹿子木量平木倉太郎兵衛工藤三助五島五郎右衛門篠原善兵衛佐藤唯之允沢田清兵衛徳富太多七

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone