コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

眼鏡橋 メガネバシ

3件 の用語解説(眼鏡橋の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

めがね‐ばし【眼鏡橋】

石造りで半円形が二つ並んだ形の橋。寛永11年(1634)に中国僧如定が伝え、長崎を中心に九州各地にみられるようになり、明治初期には東京でも造られた。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

眼鏡橋
めがねばし

半円形が二つ並んだ石造りの橋。長崎県を中心に九州各地につくられたが、とくに有名なのは(1)長崎市と(2)諫早(いさはや)市にある橋。ともに眼鏡橋とよばれている。
(1)1634年(寛永11)架橋された日本最古の石橋で、1960年(昭和35)国の重要文化財に指定された。架橋の由来は次のとおり。町の中央を流れる中島(なかしま)川の氾濫(はんらん)によって従来の脚のある木造の橋は流失し、街は分断され両岸の住民は不便に苦しんでいた。1632年(寛永9)中国から渡来した僧如定(にょじょう)は、その窮状を見かね、石材によるアーチ状の虹(にじ)の橋がもっとも強固と考え、半円(お互いに力を支え合っている拱環石(こうかんせき)の形)を二連(にれん)にした石橋を建設した。満潮時の橋の姿が眼鏡にみえるので眼鏡橋とよばれた。以来、中島川には20(現存14)に達する石橋がつくられたが、水害によって流失ないし架け替えられたものが多い。しかし、眼鏡橋は健在であった。1982年7月22日の大豪雨によって一部を破壊され、その存廃が論議の的となったが、存続する方向で復旧された。
(2)諫早市の眼鏡橋は、1839年(天保10)本明(ほんみょう)川に架橋され、1957年(昭和32)の大水害に際し、堅固なため流失せず、流木などをせき止め、まさにダムの役割を果たしたため、市街地の被害を増大せしめたものとして撤去され、諫早公園内に原型のまま保存されている。1958年に国の重要文化財に指定。[石井泰義]
『山口祐造著『九州の石橋をたづねて』前・中・後篇(1975・昭和堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

眼鏡橋の関連情報