コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光陰極(読み)ひかりいんきょく(英語表記)photocathode

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

光陰極
ひかりいんきょく
photocathode

外部光電効果によって電子放出を行う陰極。光電管光電子増倍管テレビジョン撮像管に使われている。実用的には入射光子1個あたり発生する光電子数 (量子効率) が多いことが要求される。代表的な光陰極として,セシウム-アンチモン光陰極があり,2000~5500Å の波長の光に対し,5~15%の量子効率がある。ほかに,最大量子効率が 25%近くあるマルチアルカリ (Sb-Na-K-Cs) 光陰極や 2000~8000Å の広い波長範囲で高効率なガリウムヒ素光陰極がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる