コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光音天 コウオンテン

デジタル大辞泉の解説

こうおん‐てん〔クワウオン‐〕【光音天】

《〈梵〉Ābhāsvara-devaの訳》色界第二禅天に属する天の一。ここにすむ天衆は音声を用いず、話すときは口から浄光を発して意を通じるという。密教では右手に蓮華を持ち、左手を腰におく姿に描かれる。極光浄天。光曜天。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こうおんてん【光音天】

〘仏〙 色界しきかいの第二禅天の第三天。この天においては、物を話そうとするとき、口から浄きよらかな光が発して言葉となるという。極光浄天。光曜天。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

光音天の関連キーワード八部衆阿修羅観世音菩薩阿修羅シバ大天バルナチェスター阿修羅広目天

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android