光風(読み)コウフウ

デジタル大辞泉の解説

こう‐ふう〔クワウ‐〕【光風】

晴れあがった春の日にさわやかに吹く風。また、雨あがりに、草木の間を吹き渡る風。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうふう【光風】

雨あがりの輝く草木の上を渡る風。
うららかに晴れた春の日に吹くそよ風。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こう‐ふう クヮウ‥【光風】

〘名〙
① 雨あがりの、日をあびた草木に吹く風。また、春の日がうららかに照っている時さわやかに吹く風。
※本朝文粋(1060頃)八・春生霽色中詩序〈源順〉「于時光風吹兮華房開、耀霊匿兮蘭台晴」 〔楚辞〕
② 植物「うまごやし(馬肥)」の異名。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

光風の関連情報