免疫不全の原因(読み)めんえきふぜんのげんいん

家庭医学館の解説

めんえきふぜんのげんいん【免疫不全の原因】

 病原微生物が体内に侵入すると、リンパ球など、免疫のはたらきをしている細胞が連携して抗体(こうたい)をつくり、異物(いぶつ)を殺したり毒素を中和したりします。また、リンパ球のなかには、異物や感染した細胞などを直接殺す役割をもつものもあります。これらの免疫細胞のはたらきが、いろいろな原因で障害されると、感染しやすい状態になるのです。
 先天性免疫不全では、遺伝子の欠陥から免疫細胞の異常がおこり、それが遺伝することも少なくありません。
 後天的免疫不全は、白血病(はっけつびょう)(「白血病とは」)や再生不良性貧血(さいせいふりょうせいひんけつ)(「再生不良性貧血」)、ある種の悪性腫瘍(あくせいしゅよう)(がん)や抗がん剤の副作用、エイズなどでおこります。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android