コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

免疫不全の原因 めんえきふぜんのげんいん

1件 の用語解説(免疫不全の原因の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

めんえきふぜんのげんいん【免疫不全の原因】

 病原微生物が体内に侵入すると、リンパ球など、免疫のはたらきをしている細胞が連携して抗体(こうたい)をつくり、異物(いぶつ)を殺したり毒素を中和したりします。また、リンパ球のなかには、異物や感染した細胞などを直接殺す役割をもつものもあります。これらの免疫細胞のはたらきが、いろいろな原因で障害されると、感染しやすい状態になるのです。
 先天性免疫不全では、遺伝子の欠陥から免疫細胞の異常がおこり、それが遺伝することも少なくありません。
 後天的免疫不全は、白血病(はっけつびょう)(「白血病とは」)や再生不良性貧血(さいせいふりょうせいひんけつ)(「再生不良性貧血」)、ある種の悪性腫瘍(あくせいしゅよう)(がん)や抗がん剤副作用エイズなどでおこります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

免疫不全の原因の関連キーワード感染寄生抗原生物農薬生物的防除微生物学Bリンパ球解毒能病原微生物コッホの条件

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone