コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

児島五流 こじまごりゅう

世界大百科事典 第2版の解説

こじまごりゅう【児島五流】

岡山県の児島半島の新(いま)熊野権現(倉敷市林)を拠点として,中世,近世期に勢力を持った熊野系修験。平安時代末ころ児島には熊野神領があり,熊野権現が勧請され,熊野山伏の拠点となっていた。その後承久の乱のとき,後鳥羽上皇の皇子頼仁親王がこの地に配流され,その5人の皇子が尊滝院,太法院,建徳院,伝法院,報恩院の5家をたてた。この5家の子孫が新熊野権現を中心として活躍したので児島五流五流修験公卿山伏といわれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報