コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

児島強介 こじま きょうすけ

1件 の用語解説(児島強介の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

児島強介 こじま-きょうすけ

1837-1862 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
天保(てんぽう)8年生まれ。下野(しもつけ)宇都宮の人。手塚氏の養子となり,大橋訥庵(とつあん)らにまなぶ。文久2年の老中安藤信正襲撃事件(坂下門外の変)に関与して捕らえられ,同年6月25日獄死。26歳。「孤囚日記」をのこす。本姓は小島。名は強助ともかく。号は草臣,葦原処士など。
【格言など】天地(あめつち)にはぢぬ心のいかなればわが身にはづるいましめの縄(辞世)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

児島強介の関連キーワード尊攘伊藤惣兵衛井村簡二片桐省介勝野森之介上岡胆治川勝寛治高橋甲之允田中長九郎三間半二

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone