コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

児島強介 こじま きょうすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

児島強介 こじま-きょうすけ

1837-1862 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
天保(てんぽう)8年生まれ。下野(しもつけ)宇都宮の人。手塚氏の養子となり,大橋訥庵(とつあん)らにまなぶ。文久2年の老中安藤信正襲撃事件(坂下門外の変)に関与して捕らえられ,同年6月25日獄死。26歳。「孤囚日記」をのこす。本姓は小島。名は強助ともかく。号は草臣,葦原処士など。
【格言など】天地(あめつち)にはぢぬ心のいかなればわが身にはづるいましめの縄(辞世)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

児島強介の関連キーワード坂下門外の変手塚増子大橋訥庵

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android