コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

児玉幸助 こだま こうすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

児玉幸助 こだま-こうすけ

?-1868 幕末の武士。
薩摩(さつま)鹿児島藩士。公卿(くぎょう)花山院家理(いえのり)の内命と称して,慶応4年(1868)肥後(熊本県)天草の幕府陣屋をおそう(陣屋騒動)。九州尊攘(そんじょう)派の擁立運動をうけいれた家理と合流する途中,豊前(ぶぜん)行橋(福岡県)で捕らえられ,鹿児島へおくられ,明治元年自決を命じられた。別名に児島次郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

児玉幸助の関連キーワード戊辰戦争早竹虎吉(初代)明治東京(都)ブートレロフガントレットクローデルジェニングニコライ(2世)ハース

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android