コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

児玉幸助 こだま こうすけ

1件 の用語解説(児玉幸助の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

児玉幸助 こだま-こうすけ

?-1868 幕末の武士。
薩摩(さつま)鹿児島藩士。公卿(くぎょう)花山院家理(いえのり)の内命と称して,慶応4年(1868)肥後(熊本県)天草の幕府陣屋をおそう(陣屋騒動)。九州尊攘(そんじょう)派の擁立運動をうけいれた家理と合流する途中,豊前(ぶぜん)行橋(福岡県)で捕らえられ,鹿児島へおくられ,明治元年自決を命じられた。別名に児島次郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

児玉幸助の関連キーワード薩摩薩摩隼人薩摩揚薩摩芋飴薩摩煎り鹿児島県薩摩郡薩摩〈町〉市来勘兵衛薩摩外記(3代)牧野正之進

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone