コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

児玉玉立 こだま ぎょくりゅう

1件 の用語解説(児玉玉立の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

児玉玉立 こだま-ぎょくりゅう

1794-1861 江戸時代後期の書家。
寛政6年生まれ。はたらき先の家にあった書の手本書「草露貫珠」で独学。みずから古今の三筆と称し,周囲も草聖(草書の名人)とよんだ。藤本鉄石も弟子のひとり。文久元年11月7日死去。68歳。伯耆(ほうき)(鳥取県)出身。名は韞。字(あざな)は子義。通称は丈輔。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

児玉玉立の関連キーワードカナダ文学炭酸塩岩脈文久葛飾北斎東洲斎写楽銃創瑣言東洲斎写楽サヴォリアジュダ宮殿桂川甫周

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

児玉玉立の関連情報