党同伐異(読み)とうどうばつい

四字熟語を知る辞典の解説

党同伐異

道理の有る無しにかかわらず、同じ派の者に味方して他派の者を攻撃すること。

[使用例] 此のごとくにして和歌者流は一生その芸術の範囲外に出ずるあたわず、いたずらに精力を小さき同伐異の間に消磨し[山路愛山*為朝論|1913]

[解説] 同じものにくみし、異なるをつ意。

[類語] とうどうばつ

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

とうどう‐ばつい タウドウ‥【党同伐異】

〘名〙 (同じものに党(くみ)し、異なるを伐(う)つの意) 道理の有る無しにかかわらず、同じ派の者に味方して他派の者を攻撃すること。党同異伐。
※カント倫理学説の大要(1898)〈波多野精一〉三「吾人豈徒に党同伐異の暴威を逞うする者ならんや」 〔後漢書‐党錮伝序〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android