コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入り母屋 いりもや

1件 の用語解説(入り母屋の意味・用語解説を検索)

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

いりもや【入り母屋】

日本建築で、屋根勾配(こうばい)が2段階になっており、上部は2方向に勾配を持つ切り妻とし、下部の四周に寄せ棟の屋根がつく形式。長野の松本城天守閣、奈良の唐招提寺(とうしょうだいじ)講堂、法隆寺金堂などが代表的。◇「入り母屋造り」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

入り母屋の関連キーワード返し勾配矩勾配勾配が早い勾配標勾配がぬるい勾配織引窓気温勾配切り妻屋根勾配

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

入り母屋の関連情報