入作(読み)いりさく

精選版 日本国語大辞典の解説

いり‐さく【入作】

〘名〙 江戸時代、他村の者が来て耕作すること。入小作。⇔出作(でさく)②。
※禁令考‐前集・第五・巻四四・享保七年(1722)一一月「村中新規入作之者出来候節は、入作高に応じ、本高百姓入作之百姓無差別、高次第諸役割可相勤事」

いれ‐さく【入作】

〘名〙
① 江戸時代、他人の土地を借り、地代を払って耕作したり牧畜をしたりすること。また、その人。小作。「いりさく」は別語。〔地方凡例録(1794)〕
② (①および、田畑を他人に任せて作る意から転じて) 人妻と密通すること。また、その結果できた子供。
※歌舞伎・お染久松色読販(1813)大切「そのねんねこが古里の、御亭がこれ迄年々に、踏み広げたる上田へ、われらも一寸入作に、種物おろして見たいのが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の入作の言及

【出作り】より


[古代・中世]
 特定の所領の住民が他の所領で耕作すること。この行為は受入れ側からは入作(いりさく)と呼ばれた。出作りの起源がどこまでさかのぼるかは判然としないが,平安時代後期以降荘園の数が増え,所領田畠の領有構造が錯綜し,かつ公領荘園のおのおのが当該所領居住農民を住人として把握するようになると,その枠をこえて行われる出作りは社会的・政治的に大きな問題となり,以後中世を通して一貫して存続する耕作形態となっていった。…

※「入作」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android