コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入(り)作 イリサク

百科事典マイペディアの解説

入作【いりさく】

出作・入作

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

入作
いりさく

出作」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の入(り)作の言及

【出作り】より


[古代・中世]
 特定の所領の住民が他の所領で耕作すること。この行為は受入れ側からは入作(いりさく)と呼ばれた。出作りの起源がどこまでさかのぼるかは判然としないが,平安時代後期以降荘園の数が増え,所領田畠の領有構造が錯綜し,かつ公領荘園のおのおのが当該所領居住農民を住人として把握するようになると,その枠をこえて行われる出作りは社会的・政治的に大きな問題となり,以後中世を通して一貫して存続する耕作形態となっていった。…

※「入(り)作」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

入(り)作の関連キーワードトマス・ゴードン・リンジイ ガターリッジMicrosoft Updateドーム・オブ・エレベーションペルー日本大使公邸人質事件クワエダシャク(桑枝尺)ゲティズバーグの戦いペルベズ ムシャラフガザ支援船団拿捕事件一次性先結晶時貫入辻六郎左衛門上書出作(でづくり)層々迸入片麻岩レイテ湾海戦相論/争論白峰[村]港湾荷役魏 富海浸透作用江戸時代浅所貫入

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android