入善(にゅうぜん)ジャンボ西瓜

デジタル大辞泉プラスの解説

入善(にゅうぜん)ジャンボ西瓜

富山県で生産されるスイカ。実は楕円形で、重さ平均15~25kgと大きい。明治期にアメリカから導入された「ラットルスネーク」をもとに改良された品種。「黒部すいか」の名で知られたが、その後中心的な産地である入善町の名をとり現在の名称となる。地域団体商標。「入善すいか」とも。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

入善ジャンボ西瓜[果樹類]
にゅうぜんじゃんぼすいか

北陸甲信越地方、富山県の地域ブランド。
下新川郡入善町で生産されている。黒部川扇状地の恵まれた自然環境により、接木をせずにつくられている西瓜。ラグビーボールのような長い楕円形をしているのが特徴で、大きいものでは重さが20kgを超える。出荷時はネットに入れ、わらで編んださん俵と呼ばれる座布団を上下に挟んで出荷している。夏の贈答品として愛用されている。2007(平成19)年2月、特許庁の地域団体商標に登録された。商標登録番号は第5027808号。地域団体商標の権利者は、みな穂農業協同組合。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android