コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入江殿 いりえどの

1件 の用語解説(入江殿の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

入江殿

没年:応永22.3.1(1415.4.10)
生年:応永4(1397)
室町時代の尼。覚窓性仙,聖仙とも。室町幕府3代将軍足利義満藤原慶子の娘。4代将軍義持,6代将軍義教は同母兄。後光厳天皇皇女見子が崇光天皇の御所入江殿を賜ったが,それを寺に改める際に開基として迎えられたと伝えられる。寺号は三時知恩寺といい比丘尼御所(尼寺)のひとつで,入江殿とも称した。応永8(1401)年5歳で入室し,住持として入江殿と呼ばれた。19歳で死去。永享5(1433)年11月,入江殿相続のために生後4カ月足らずで入室した義教の娘・了山聖智(永享5.閏7.23~大永6.6.11)も入江殿と呼ばれた。室町時代には天皇家の後宮が縮小し,足利将軍の娘や皇女にとって,比丘尼御所に入り一族の菩提を弔うことが主たる生き方となる。<参考文献>『三時知恩寺文書』

(大石雅章)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

入江殿の関連キーワード倉役山名宗全頭人意雲吉良俊氏性仙尼波多野通郷妙音院湯川宣阿頼勝

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

入江殿の関連情報