コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入江若水 いりえ じゃくすい

美術人名辞典の解説

入江若水

江戸中期の漢詩人。摂津生。名は兼通、字は子徹。鳥山芝軒門。京都西山に庵を結び、櫟谷山人と号す。著書に『西山樵唱』がある。享保14年(1729)歿、59才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

入江若水 いりえ-じゃくすい

1671-1729 江戸時代中期の漢詩人。
寛文11年1月20日生まれ。家は代々摂津富田(大阪府)の酒造家。財産を蕩尽(とうじん),発奮して勉学したといわれる。鳥山芝軒(しけん)に師事。各地をたずね詩名をあげる。晩年は京都西山に隠棲した。享保(きょうほう)14年10月4日死去。59歳。名は兼通。字(あざな)は子徹。別号に櫟谷山人。詩集に「西山樵唱」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

入江若水

没年:享保14.10.4(1729.11.24)
生年:寛文11.1.20(1671.3.1)
江戸前・中期の漢詩人。名は兼通,字は子徹,号は若水,櫟谷山人,江山人。摂津富田(大阪府)の造り酒屋亀屋の息子として生まれ,家業を継いだ。伏見の鳥山芝軒について詩を学んだほか,京都の伊藤東涯に入門,また江戸の荻生徂徠とも親交があり,もっとも詩を能くした。磊落で侠気に富む性格の故か,家業にはあまり熱心でなく,40歳代半ばの享保初年(1716年ごろ),破産して京都に居を移し,嵯峨に隠棲した。盛唐の詩風が流行する時代に,晩唐や宋詩の風を彷彿とさせる抒情的な詩を詠んだ。詩集に『西山樵唱集』(1734)がある。<参考文献>日野竜夫「入江若水伝資料」(『近世大阪芸文叢談』)

(揖斐高)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

入江若水の関連キーワード瀬尾用拙斎

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android