コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入津 ニュウシン

大辞林 第三版の解説

にゅうしん【入津】

( 名 ) スル
船が港にはいること。入港。にゅうつ。 「外国よりも飛脚船の-する処なるゆへ/西洋道中膝栗毛 七杉子

にゅうつ【入津】

( 名 ) スル
にゅうしん(入津)」に同じ。 「飛脚船-すれば/西洋道中膝栗毛 魯文

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

入津の関連キーワード豊後水道県立自然公園目銭(もくせん)下り米問屋塩(しお)遠見番所干鰯問屋荒木如元川上澄生歌川国虎粥川伸二浦賀番所牡蠣船下り塩回着米船舶目銭回米蒲江口銭番船

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android