飛脚船(読み)ひきゃくぶね

精選版 日本国語大辞典「飛脚船」の解説

ひきゃく‐ぶね【飛脚船】

〘名〙 政治、軍事、商売をはじめ急ぎの連絡のため、日和や風向きにかまわず急行する小船江戸時代ではこれを専門にする小船が主要港湾にあって、官民を問わず急ぎのに応じたが、特に日数を限って運航するものを日切(ひぎり)といった。飛脚。飛脚小早
※俳諧・猿蓑(1691)三「初潮や鳴門の浪の飛脚舟〈凡兆〉」

ひきゃく‐せん【飛脚船】

〘名〙
② 郵便物・貨物・旅客を積載して、定期航海する船。郵便船。郵船。
※海外新聞‐一号・元治二年(1865)三月一三日「イギリス飛脚船此港に入りしを以て」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「飛脚船」の解説

ひきゃく‐ぶね【飛脚船】

江戸時代、主要な港湾にあって官民を問わず急ぎの用に応じた小船。ひきゃくせん。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android