コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

全体性 ぜんたいせいtotality

翻訳|totality

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

全体性
ぜんたいせい
totality

一個の事物あるいは事象が,一つのまとまりをもち,さらに細かい部分に割ることによってその特質が失われてしまうようなとき,そこにみられる独自の構造や機能上の特性をいう。全体性が重視されるようになったのは,全体を単なる部分の構成物として理解する,原子論的な機械的分析方法への批判がなされた 19世紀以降のことであり,社会学における社会有機体説心理学でのゲシュタルト理論などもこれにあたる。しかしこの全体性は,部分の存在や意義を否定するものではなく,全体は部分を超越した実在であるとしても,それは各部分の有する特質を土台とした相互依存関係によって生み出された統一体であると理解される。社会体系という概念が使用されるようになったのも,「全体と部分」という古くて新しい問題を解明するためである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

全体性の関連キーワードエブラハム・ハロルド マズローシステミック・ペインティングフェーリクス クリューガーウラジミール ウェイドレピーター ウィルソンブエロ・バリェッホクリシュナムルティマーティン ジェイゲシュタルト心理学ゲシュタルト崩壊ゲシュタルト療法シュルレアリスムイッヒ・ロマン構造(社会学)ドラマツルギー歴史と階級意識人間学的心理学クリューガー主権民主主義ロータッカー

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

全体性の関連情報