八代六郎(読み)やしろ ろくろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

八代六郎 やしろ-ろくろう

1860-1930 明治-大正時代の軍人。
安政7年1月3日生まれ。海軍大学校長などをへて,大正3年第2次大隈(おおくま)内閣海相となり,シーメンス事件で辞職した首相山本権兵衛らを予備役に編入し,海軍の威信回復につとめた。7年海軍大将,軍事参議官。枢密顧問官。昭和5年6月30日死去。71歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。海軍兵学校卒。旧姓は松山。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

八代六郎

没年:昭和5.6.30(1930)
生年:万延1.1.3(1860.1.25)
明治大正期の海軍軍人。父松山庄七は尾張国丹羽郡楽田村(犬山市)の大庄屋。明治1(1868)年水戸浪士八代逸平の養子となった。6年愛知英語学校に入学(同窓に坪内逍遥,三宅雪嶺など)。9年県の選抜生となり上京,落第すれば侠客になる覚悟で海軍兵学校を受験,合格(8期)。日露戦争(1904~05)には「浅間」艦長として出征。仁川沖海戦の前夜,海上にて尺八を奏した。また勲功による下賜金を戦死した部下の遺族に与えたりするなど,部下思いとして知られる。大正3(1914)年4月,軍政の経験がなかったが同郷の加藤高明の懇請もあって第2次大隈重信内閣の海軍大臣となり,5月にシーメンス事件により辞職した首相山本権兵衛,海軍大臣斎藤実の予備役編入を断行して海軍の信頼回復に努め,一方で懸案の海軍費の拡張を議会に認めさせた。5年男爵,7年大将に進み軍事参議官となる。<参考文献>小笠原長生『侠将八代六郎』,鵜崎鷺城ほか「岡陸相と八代海相」(『中央公論』304号)

(岸本昌也)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android