コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八十日間世界一周 ハチジュウニチカンセカイイッシュウ

3件 の用語解説(八十日間世界一周の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はちじゅうにちかんせかいいっしゅう〔ハチジフニチカンセカイイツシウ〕【八十日間世界一周】

《原題、〈フランスLe Tour du monde en quatre-vingts joursベルヌの長編空想科学小説。1873年刊。80日間で世界一周をするという賭(か)けに挑戦してロンドンを出発したフォッグ氏のさまざまな冒険を描く。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

八十日間世界一周

フランスの作家ジュール・ヴェルヌ冒険小説(1872)。原題《〈仏〉Le tour du monde en quatre-vingt jours》。1956年、マイケル・アンダーソン監督で映画化(邦題『80日間世界一周』)。2004年、フランク・コラチ監督で映画化(邦題『80デイズ』)。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

八十日間世界一周
はちじゅうにちかんせかいいっしゅう
Le Tour du monde en quatre-vingt jours

フランスの作家ジュールベルヌ長編小説。1873年刊。正確な時間で行動する時間魔のイギリス人フィリアス・フォッグが、80日間の世界一周という賭(か)けに挑戦、物語が始まる。東回りでたどる海と陸の冒険行に、剽軽(ひょうきん)な召使いパスパルトゥーや、窃盗犯の嫌疑でフォッグを追跡する警部が絡む。インドのヒンドゥー教徒やアメリカ・インディアンとの命がけの冒険あり、中国や日本の異国風景ありで、興味深い場面が次々に展開する。結局は遅れて到着し賭けに負けたと思い込むが、日付変更線のいたずらで実は勝っていたという結末まで、読者を飽かせることがない。[私市保彦]

映画

アメリカ映画。原題はAround the World in Eighty Days。監督マイケル・アンダーソンMichael Anderson(1920― )。1956年作品。技法、物語、上映時間(167分)と、あらゆる角度から映画というメディアに挑戦した映画史上画期的な作品。ジュール・ベルヌの同名冒険小説の映画化で、舞台は19世紀後半のロンドン、まだ飛行機のない時代に80日間で地球を一周できるか、という賭けを実行する物語。65ミリネガフィルムに、左右を圧縮した横縦比で撮影するアナモルフィック・レンズを用いずに撮影し、6本のサウンドトラックを有する70ミリの上映プリントに仕立てるトッドAOという方式で製作上映された。こうした本作の挑戦は、当時、アカデミー5部門受賞するなど称賛を受けたが、撮影や映写にかかるコストの高さから映画市場に根付くことができなかった。本作のプロデューサー、マイケル・トッドMichael Todd(1909―1958)はトッドAO方式の開発者。1956年、アカデミー作品賞、脚色賞など5部門受賞。1957年(昭和32)日本公開。[堤龍一郎]
『『八十日間世界一周』(田辺貞之助訳・創元推理文庫/木村庄三郎訳・旺文社文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

八十日間世界一周の関連キーワード南十字星黒いダイヤモンド少年船長の冒険ジャンガダ十五少年漂流記ジュール・ヴェルヌ彗星飛行チャンセラー号の筏ハテラス船長の冒険洋上都市

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

八十日間世界一周の関連情報