コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

剽軽 ヒョウキン

デジタル大辞泉の解説

ひょう‐きん〔ヘウ‐〕【×軽】

[名・形動]《「きん(軽)」は唐音》気でおどけた感じのすること。また、そのさま。「剽軽なしぐさ」「剽軽者」
[派生]ひょうきんさ[名]

ひょう‐けい〔ヘウ‐〕【×剽軽】

[名・形動]
身軽ですばやいこと。また、そのさま。
「男は面白い―な恰好をして」〈花袋一兵卒銃殺
軽はずみであること。軽率。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひょうきん【剽軽】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
〔「きん」は唐音〕
気軽で、滑稽なこと。おどけること。また、そのようなさまや言動・人。 「 -な男」 「 -者」
[派生] -さ ( 名 )

ひょうけい【剽軽】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
軽はずみな・こと(さま)。軽率。 「其本性、-にして物事をば、包蔵つつみかくさぬ性質もちまえなれば/慨世士伝 逍遥
身軽ですばやいこと。
気軽でおどけていること。ひょうきん。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

剽軽の関連キーワード俵・兵・剽・憑・標・氷・漂・瓢・票・表・評・豹・飄八十日間世界一周フェルナンデル本郷 秀雄ひょうげ者浮世物語西洋がり藤井六輔剽軽者鈴木朖派生本性包蔵逍遥

剽軽の関連情報