コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八条院高倉 はちじょういんの たかくら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

八条院高倉 はちじょういんの-たかくら

?-? 鎌倉時代の歌人。
澄憲(ちょうけん)(1126-1203)の娘。聖覚の妹。八条院につかえる。後鳥羽(ごとば)上皇に和歌をみとめられ,建保(けんぽ)年間の内裏の歌合わせに出席。「新古今和歌集」などの勅撰(ちょくせん)集に40首がみえる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

八条院高倉

生年:生没年不詳
鎌倉時代の歌人。安居院法印澄憲の娘。信西の孫に当たる。母は未詳とされてきたが,近年「聖衆来迎寺文書」の資料から,実は海恵と同様に澄憲と高松院との密事の結果生まれた子と推定される。安元2(1176)年の高松院崩御は,八条院高倉出産によるか。高松院の姉八条院は八条院高倉を藤原俊成に預け,御子左家を介して八条院の女房として出仕させたらしい。後鳥羽上皇に和歌を認められ,「春日社歌合」など新古今期の歌合にも出詠。建暦1(1211)年八条院崩御とともに出家,老年期には法華寺に隠棲しそこで死去したか。『新古今集』の7首をはじめ勅撰集に40首入集。<参考文献>田中貴子「八条院高倉の出生と出家」(『国文学攷』1988年6月号)

(田渕句美子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

八条院高倉の関連キーワードコペルニシウムコペルニシウム富山県の要覧フライ級スーパーフライ級超ウラン元素ハンドレッドウェイト南越国コペルニシウム織物工業

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android