八識(読み)はっしき

精選版 日本国語大辞典「八識」の解説

はっ‐しき【八識】

〙 仏語。唯(ゆいしき)宗で説く眼識耳識・鼻識・舌識・身識・意識の六識と末那識(まなしき)阿頼耶識(あらやしき)の総称。
※米沢本沙石集(1283)三「依他(えた)と云は、一切衆生に八識(ハッシキ)あり」

はち‐しき【八識】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android