八識(読み)ハッシキ

  • はちしき

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 仏語。唯識(ゆいしき)宗で説く眼識・耳識・鼻識・舌識・身識・意識の六識と末那識(まなしき)・阿頼耶識(あらやしき)の総称。
※米沢本沙石集(1283)三「依他(えた)と云は、一切衆生に八識(ハッシキ)あり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android