コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公債の負担 こうさいのふたん burden of national debt

1件 の用語解説(公債の負担の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こうさいのふたん【公債の負担 burden of national debt】

財政支出を租税ではなく公債によって賄った場合,その負担はどの時点で生ずるか,というのが〈公債の負担〉に関する議論であり,古くから経済学の大きな論争点の一つであった。 最も素朴な立場からすれば,利子支払や償還の際に財政支出が必要とされるから,その時点に負担が発生すると主張される。つまり,国の債務も,家計や企業の債務と同じく,負担を後年度に延期する効果をもつというのである。しかし,公債が内国債である限り,利子支払や償還を受けるのは国民であるから,国全体としてみれば,その時点で負担が生じているとはいえない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

公債の負担の関連キーワード赤字財政安価な政府公債緊縮財政クラウディング・アウトアクティビスト赤字公債財政支出規模積極財政非ケインズ効果

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone