公共彫刻(読み)こうきょうちょうこく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホールや広場など,都市の公共的空間を活性化する彫刻。環境デザインという概念浸透とともにとみに重要視されるに至っている。欧米では,公共建築の建設費のある一定割合を美術作品の設置に充てる義務を定めているところが多く,日本でも神戸市や仙台市をはじめ一部の地域で街区への彫刻設置を積極的に行なっている。動く彫刻や噴水を伴うものなどもあり,形態はきわめて多様であるが,最近では地方自治体が公共建造物に設置する記念碑的で壮大な彫刻を要望することも多くなっている。それだけに,ただ彫刻があればいいという段階ではなく,いかに環境とより良く調和させるかという,識者や住民側からの見直しも改めて必要になってきている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

公共彫刻の関連情報